私は、激しく興奮してしまって、夢中で舌を這わせました

kyotomtsuma03000_p2005325.jpg

私は、震える指先で、杉山さんのワイシャツのボタンを一つづつ外して行きました。
杉山さんに強く舌を吸われながら、杉山さんと舌を絡ませ合いながら。
舌を吸われる度に、甘い悦びが全身を駆け抜け、立っているのがやっとでした。
ワイシャツを肩から抜くと、私は、杉山さんの腕の中に崩れ込むように顔を埋め、
促されるままに、杉山さんの胸に唇を這わせました。
私は、その時、初めて気が付いたのだと思います。知らない男性に愛される姿を
見られることより、知らない男性を自分から求め、愛撫する姿を見られることの方が、
遥かに恥ずかしいことを。
杉山さんが言いました。

『いつも、ご主人さんにしている様に・・・』

そう言われて、私は、舌先を固く尖らせると、杉山さんの乳首の廻りを何度もなぞり、
乳首を唇に挟んで転がしました。今迄、唇に触れたことの無い肌の感触と、微かに漂う
コロンと汗の混ざり合った香りに、私は激しく興奮してしまって、夢中で舌を這わせました。
こっそりと、両腿を締め付けたり緩めたりしながら。両腿の間でよじれる二枚の濡れた花弁が
恥ずかしい音を立てやしまいかと、ハラハラしていました。

0 Comments

まだコメントはありません