大きな声を出してしまいたくて、必死に唇を噛みしめました

kyotomtsuma01001_p2003839.jpg

やがて杉山さんは、立ち上がると、鎖を持ってソファに倒れ込んだ私を引っ張り起こしました。
私は、二人の男性の方にお尻を向け、ディルドの前に立たされて、まるで罪人の様に
ぐったりと首を項垂れたまま、ゆっくりと腰を落としました。
短いスカートを履いて足元に落とした物を拾う時と同じ様に、膝わ合わせお尻を突き出さない
様に気を付けながら、膝だけを折り曲げて出来るだけゆっくり、ゆっくりと・・・・
時々、首を深く折って下を見ながら、迎えなければならない物がどの辺にあるのか、見当を
付けました。
きつく閉じ合わせている膝ががくがくと震え、小さく開いたり閉じたりしました。

産まれて初めてディルドと云う物を自分の体の中に迎える不安、そして、それも夫と今日
会ったばかりの男性に見られながら迎えなければならないその羞恥、それでもこれが夫の
望みであり、夫への愛の証を示すことなんだという葛藤、そして、これが私の愛され方なんだ
という切ない諦め・・・・
幾多の気持ちに私の心は大きく揺れ動いていました。
そして、そんな自分でも訳の分からない気持ちが激しく渦巻くほど、両腿の間で押し潰された
花弁は熱い愛液を浴びながら身悶えして、下半身はおろか全身に今にもとろけ出しそうな
甘く切ない欲望の疼きを広げていたのです。
私は、声を出したくて、もう観念して大きな声を出してしまいたくて、必死に唇を噛みしめました。

0 Comments

まだコメントはありません