それはきっと媚びる様な甘く湿った声であったに違いありません

kyotomtsuma00910_p2004507.jpg

『そのまま続けて』

杉山さんに言われ、私はディルドを頬張りました。
柔らかなのに中に固い芯がある様な、初めて経験する不思議な感触でした。
溶けた口紅がぬるぬるとして、それが余計に本物の皮膚を思わせました。
花弁の襞の内側をゆっくりと撫でていた杉山さんの指が、やがて花園の底へ向かって
静かに、静かに降りて来ました。
腰を動かすことを禁じられ、私は、精一杯お尻と両腿を締め付けて抵抗しました。
杉山さんの指が閉ざされた花弁をこじ開けようと先端を鍵にして小さくうごめきます。
その度にじん、じんと、甘く痺る悦びが下半身を突き抜けて、私は背中を何度も丸め
たり反らしたりしながら、ぎごちなく顔を上下させました。

私は、必死でお尻と両腿を強く締め付け続けました。
けれどもずっと締めているのが辛くて、ついつい力が抜けてしまいます。その隙を狙って、
杉山さんの指先が、花弁をこじる様に花園の底へ底へと降りて来ます。
私は、杉山さんの指先が動く度に、あっ、あっ、と短い声を上げてしまいました。
それはきっと媚びる様な甘く湿った声であったに違いありません。
そして、それが、夫に初めて聞かせた、私の夫以外の男性に愛される悶え声だった
と思います。

0 Comments

まだコメントはありません