喉の奥深くまで男性のものを沈められました

kyotomtsuma00810_p2003734.jpg


男性は私の頭を押さえ、乱暴に前後させ、また、時にはゆっくりと喉の奥深くまで、
男性のものを押し込みました。正座した両足を擦りながら、
後ろへ下がろうとするものの、壁があって下がれません。頭を壁に押し付けられた姿勢で、
喉の奥深くまで男性のものを沈められたのです。
口を硬直した男性のものに塞がれたまま、『僕を愛しているか』と聞かれて、嘔吐きながら、
私は、必死で何度も首を縦に振りました。
唇から唾液が糸を引いて流れ出しスカートを汚しました。

そしてやがて、男性は、私が脚をばたつかせ、持ち上げられた両手を虚しく宙に泳がせて
もがくのも構わず、喉の奥深くにたっぷりと濃厚な精液を注ぎ込みました。
男性のものが、何度も小刻みに波打つ度に、ねっとりとした粘液が強い香りを放ちながら、
喉一杯に広がりました。
私は、何度も喉元を大きく上下させながら、それを飲み込みました。
喉に絡みついて落ちて行かない精液に咽こんで、精液が鼻に回ってしまって鼻の奥が
焼ける様に熱くなりました。涙と鼻水が止まりませんでした。
床に崩れ落ちた私は、それでも、精液と鼻水と唾液でドロドロになった顔を男性に向け
甘い声を上げました。

『・・・嬉しい、嬉しい・・・』

と。
私は、その男性に嫌われたくない一心でした。
世間知らずの学生だったのです。

0 Comments

まだコメントはありません