そんな私を、夫に見て欲しかったから・・・

kyotomtsuma00701_p2003626.jpg

『じゃあ、もう一度』

杉山さんがそう言うと、鎖を引きました。
私は今度は素直に杉山さんに従いました。そうすることが、私から夫への愛の返信だと
思ったからです。
そして私は、今度は全裸姿で鎖に引かれ、ソファから床へ床からソファへと部屋の中を這い回ら
なければなりませんでした。
膝を前に進める度に、愛液に濡れた内腿が擦れてぬるぬるとしていました。きっと夫からは、愛液を
溢れさせ大きく開いた花弁は愚か、その奥に続く紅色の花園さえまでもはっきりと見えていた筈です。
けれども、私は、唇をかんでじっとそのまま部屋を這い続けました。
それを手で覆い隠そうとはしませんでした。

そんな私を、夫に見て欲しかったから・・・

0 Comments

まだコメントはありません