夫が興奮してくれていることが、私は嬉しかったのです


kyotomtsuma00692_p2003625.jpg

夫は私の姿を、何度も撮影しました。
私が、全裸に首輪一つだけを付け涙を流しながら震えている写真を。
けれども、私は夫が切るシャターの音を全身に浴びながら、これでいい、と思いました。
夢中になって撮影をする夫が、激しく興奮していることを知ったからです。
他の誰でもないこの私の恥ずかしい姿を見て、夫が興奮してくれていることが、私は嬉しかったのです。
夫の視線で、全身の隅々までを愛撫されている気持ちでした。
花弁の淵から零れ落ちる幾多の愛液の粒は、夫に愛され、夫の愛撫を受けて自分が流したもの、
私の悦びの証だと思いました。
私が激しく濡らしていること、内腿には滴る愛液の細い筋が何本も出来ていること、夫に見られ愛されて、
今にも自分から男性を求めてしまいそうな位激しく興奮し、悦びに満たされていることを知って欲しい
と思いました。

菜緒子は知らない男性に弄ばれ、犯される度に美しくなるのです。
どうぞ菜緒子を貴方のお好きなようにして下さい。
菜緒子を愛してやって下さい。
そして、菜緒子の美しい姿を見せて下さい。

敏彦

0 Comments

まだコメントはありません