自分でブラジャーのホックを外すように言われたのです

kyotomtsuma00663_p2003557.jpg

長い長いキスが終わると、杉山さんは私の両腿の間に静かに手を差し入れて来ました。

『もうすっかり濡れているでしょう?』

二枚の花びらの間を優しくなぞられながらそう聞かれて、私は、唇から垂れた唾液をそっと
指先で拭いながら小さく頷きました。
杉山さんは、私の髪を撫でながら、何度か耳朶を舌先でついばむ様に弄んだ後、低い声で
耳元に囁きました。

『体を見せて貰いますよ。自分でブラジャーのホックを外してごらんなさい』

私は、諦めと切なさに胸が苦しくて、思わず大きく吐息を漏らしました。
正直に言えば、もう何も自分には抵抗出来ない気持ちだったと思います。

私は、言われるままに自分でブラジャーのホックだけを外そうとしました。
けれども、指が震えていつも当たり前にしているその動作が出来ません。
それからしばらく杉山さんは、私の体に触れようとしませんでした。
私は、ホックと肩紐が外されたブラジャーを必死に腋に挟んだまま、恥ずかしさと不安に押し
潰されそうになりながら、じっと杉山さんの視姦を受けなければならなかったのです。

次は、次は、きっとブラジャーを取り去るように言われる・・・・
そして、その次には・・・きっとショーツを自分で脱ぐように言われる・・・
頭の中をぐるぐるとそんな想像がめぐり、私の胸は益々その鼓動を早めました。

0 Comments

まだコメントはありません