内腿に流れようとする細い愛液の筋を、懸命に抑えていたのです

kyotomtsuma00563_p2003030.jpg

杉山さんが言いました。

『四つん這いになって』

私は静かにじゅうたんに膝を突き、そのまま両手も突いて四つん這いになりました。
杉山さんに言われるままに、素直に膝を突いた自分が自分でも不思議でした。
お尻を突き出した恥ずかしい格好で、私は首をうな垂れました。

四つん這いの姿勢で何をされるのかな、
厳しいスパンキングを受けなければならないのかな、
下着を取られるのかな、
それとも、フェラチオを求められるのかな、
私が初対面の男性のものを口に含む姿を見て、夫はどう思うかな、
喉の奥を突かれるのかな・・・
幾多の想像が頭の中を駆け巡り、私は思わずじゅうたんに爪を立てました。
時折夫の立てるシャッターの音に背中を打たれ、その度に私はぴくりぴくりと背中を震わせました。

この時になって、やっと私は、杉山さんの部屋を訪れた時、杉山さんが髪を後でまとめるようにと
言った意味が分かりました。
髪を後でまとめていると、顔を俯けても、顔に髪が落ちることがなく表情が分かるからです。
頬にちりちりと刺す様な杉山さんの視線を感じながら、私は分からない様に出来るだけ分からない様に、
ずっと両腿をきつく締め付けていました。
今にも内腿に流れようとする細い愛液の筋を、懸命に抑えていたのです。

初めて首輪をされ鎖を付けられたときの菜緒子の複雑な表情を、今でも忘れることができません。
これからも一生忘れることはないでしょう。
泣いているような、笑っているような、悲しいような、嬉しいような・・・
自分がM女性であること改めて思い知らされ自分自身に戸惑っている、そんな顔でした。
一緒に暮らしながら私が見てきた数ある菜緒子の表情の中で、最も美しい表情だったと思います。
首輪をされ一気に全身が桃色に染まった菜緒子・・・菜緒子の肌の熱を感じていただけると嬉しいです。

敏彦

4 Comments

まだコメントはありません

Mac

下半身が目にも鮮やかな桜色になっていますね。美しく変身していく姿がとても美しいです。

  • 2020/04/18 (Sat) 00:30
  • REPLY

たけ

毎晩楽しみです

読み進めるとゾクゾクとします。
御主人の感想を読んでいると、自分がその場にいる様ですね。
羞恥に染まった私も写真を撮りたいですね。

奥田敏彦

Re: タイトルなし

Macさん

有難うございます。
菜緒子は肌の色が白いというかクリーム色(?)なので、羞恥に赤くなると
綺麗なのです。
画像で耳が真っ赤でしょう?

  • 2020/04/22 (Wed) 18:06
  • REPLY
奥田敏彦

奥田敏彦

Re: 毎晩楽しみです

まるさん

嬉しいコメント有難うございます。
是非、お写真、拝見したいものです。

  • 2020/04/22 (Wed) 18:07
  • REPLY
奥田敏彦