もうそこがタクシーの中であることさえ忘れていました(40)

kyotomtsuma00401_p1014010.jpg

パンティーストッキングを撫でながら、杉山さんの手が太腿の奥へ奥へと忍び込んで来ました。
もう、パンティーストッキングは汗にすっかり湿っているはずです。
私は、とても恥ずかしいのですが、両腿を固く閉じ合わせながらも、そっとそれを緩めて杉山さんの手を迎え入れました。
やがて杉山さんの指先が、レストランのトイレからずっと私の股間を覆って来たその貝殻のようなプレスチックのカバーに
届きました。
杉山さんはその小刻みに振動しているカバーを指で押したのです。時には強く押し込む様に、そして時には小さく揺さぶる様に、
また時には優しく円を描く様に。
私の両脚からは、ハイヒールが脱げ落ちていました。
私はストッキングのまま車のマットに脚を投げ出し、両膝をすり合わせながらその親指を反らせていました。
『菜緒子さん、とっても可愛いですよ・・・このまま逝っていいんですよ』
杉山さんが耳元で小さく囁きました。
私の頭の中は真っ白でした。
そして、もうそこがタクシーの中であることさえ忘れていました。

菜緒子

0 Comments

まだコメントはありません