菜緒子の愛され方(19)


精液を顔に浴びせられることは、菜緒子にとって屈辱的な事であったでしょう。
けれども、彼女は同時に自分が意思に反して激しく興奮している事もわかっていたはずです。
自分がMであることを自分の体に思い知らされたとでも言ったらよいでしょうか・・・・

いつからか、菜緒子は自分から「顔にください」と言うようになりました。

敏彦

1 Comments

まだコメントはありません

T

是非
顔に下さい
との声を聞かせて下さい!
楽しみにお待ち致します。