眼を閉じその悦びをじっと噛み締めていました (25)

kyotomtsuma00250_p1003724.jpg

それから私は、杉山さんとお会いするまで落ち着かない日々を過ごしました。
自分を落ち着ける為にヘアサロンへ行き、ネイルとリラクゼーションも受けました。そして、恥ずかしいのですが、夫の留守中にこっそりとアンダーヘアのお手入れもしました。肌のお手入れもいつも以上に念入りに。バストやお腹、それに、花弁とアナルも。
大人の女性としてお相手の方に失礼の無い様にしたかったのと、何よりも夫に出来る限り自分の綺麗な姿を見て欲しいと思ったからです。
下着も新しい物を買い求めました。あまり華美でなく清楚なベージュ色の上下お揃いの下着を選びました。

ある日、友人から『最近、綺麗になったね』と声を掛けられました。
『嬉しい』と明るく応じましたが、その一言で胸が高鳴り、体が熱くなるのを感じていました。
夫の前で知らない男性に体を差し出す為に身なりを整えている、そんな淫らで恥ずかしい自分を意識すればするほど、花弁の奥がジンとして、しゃがみ込んでしまいたい程の、甘く切ない悦びに下半身を包み込まれていたのです。
私は、誰にも気付かれないようにそっと両腿をきつく閉じ合わせ、眼を閉じその悦びをじっと噛み締めていました。
恥ずかしいです。

菜緒子

5 Comments

まだコメントはありません

ケン

ああ~懐かしい文章ですね(*^_^*) 前後の情景が手に取るように分かります~

  • 2020/02/03 (Mon) 23:25
  • REPLY

T

そそります

恥ずかしいです
の一言が何度読んでもそそりますね。

奥田敏彦

Re: タイトルなし

ケン様

有難うございます。
ケンさんは、確か『今出川』の頃から菜緒子をご存じなんですよね。
本当に懐かしいですね。
まだまだ序です。
これからもっともっとお楽しみください。

  • 2020/02/04 (Tue) 16:14
  • REPLY
奥田敏彦

奥田敏彦

Re: そそります

T様

有難うございます。
素人っぽさが逆に良かったのでしょうかね。

  • 2020/02/04 (Tue) 16:15
  • REPLY
奥田敏彦

T

恥じらいが無いと

恥じらいが無いとそそらないのです(笑)