私はその日に返信をしました。『赤い首輪がいいです』と (22)

kyotomtsuma00220_p1003459.jpg

お相手の方にメールを送って二、三日経ってから、お返事を頂きました。
楽しみにしているといった簡単なメールでした。
何を言われるのかとドキドキしていた私は、少しほっと安心したような、拍子抜けしたようなそんな気持ちでした。

ただ一つだけ、メールには当日驚かれても困るので、と前置きをした上で書かれた一文がありました。
私はそれを読んで思わず手のひらを握り締めました。
そして、体の奥がきゅんとして、じゅんと熱い塊が落ちて来るのを感じました。
メールには、『けして乱暴なことはしませんが、首輪はしてもらいます』と書いてありました。そして『ご主人の了解は頂いています。何色の首輪がいいですか?』とも・・・

私は、首輪はされたことがありませんでした。
私は、初対面の男性の前に裸で立たされ首輪をされる時の、肌に触れる革の固い感触や、肌を擦る痛みを想像して鳥肌を立てました。そして、熱い塊がゆっくりと溶け出し、温かい流れとなって溢れ出すのを感じていました。

夫に促されて、私はその日の内に返信をしました。
『赤い首輪がいいです』と。

菜緒子

2 Comments

まだコメントはありません

T

首輪は良いですね

首輪は良いですね。
奥様に普段首輪はされてましたか?
妻に首輪をつけて、他の男に引き渡すのが私の叶えたい欲望です。

奥田敏彦

Re: 首輪は良いですね

T様

コメント有難うございます。
私は菜緒子に首輪着けさせたことはありませんでした。

  • 2020/01/28 (Tue) 15:37
  • REPLY
奥田敏彦