ビデオを撮影してから、しばらくそわそわしながら毎日を過ごしました (19)

kyotomtsuma00193_p1002231.jpg

ビデオを撮影してから、しばらくそわそわしながら毎日を過ごしました。
電車に乗っていても、お買い物をしていても、時折、カメラの前で全裸になった自分を思い出すことがあったのです。
私は、カメラのレンズの暗闇の向こうに居る男性に想像をめぐらせました。
そして、そんなことを考えている内に、今、自分の隣りに居る男性が、少し離れた場所でこちらを見ているあの男性が、カメラの奥から私を覗いていたのかもしれないと思えて来て、ひとり俯き胸を抱きしめて体を熱くしていたのです。

私は、あの男性の前で自らブラジャーを外し、ショーツを下ろして、全裸の体を開いて見せたのだ、あの男性の前に立って体の隅々までを視姦されたのだ、そう思うと花弁の奥がきゅんと疼いて、私はどこか切なくうっとりとした甘い気持ちになっていました。
そして、そんな自分に自分自身で戸惑っていたのです。
恥ずかしいです。

菜緒子

男性(後の杉山氏)からのリクエストには3つ条件がありました。

①全裸になるまでの脱衣の一部始終をビデオに撮って送ること
②普段着用している衣服を着て撮ること
③カーテンを開けた窓辺で撮ること

です。

菜緒子は男性のリクエストに応えて、ビデオ撮影に応じました。
その一連の画像が後に大変な人気を博した「ビデオレター」です。
今回は「ビデオレター」を動画でも公開する予定です。

敏彦

2 Comments

まだコメントはありません

椎名

ついに!

一度拝見したいと思ってました
ビデオレターですか!
凄く楽しみです

奥田敏彦

Re: ついに!

椎名様

そうでしたか。
当時はモノクロ画像でしたが、今回はカラー画像を公開します。
加えて、動画も少しづつ公開する予定です。
ぜひ菜緒子を椎名さんの胸に蘇らせてください。
お楽しみに。

  • 2020/01/25 (Sat) 20:01
  • REPLY
奥田敏彦