愛されて、汚されて(1)

 記事は当時と同じ順で公開しています。
 この頃から「愛されて汚されて」のカテゴリーを始めました。
 このカテゴリーは画像(当時はモノクロ)だけで菜緒子の文章はありません。

 菜緒子は、精液を浴びることも飲むことも拒みませんでした。
 時には激しく興奮して、自分から顔にかけてほしい、飲ませてほしいと
 懇願することさえありました。

 私は菜緒子に、精液を顔に浴びせられた後はしばらくじっと動かない事を
 約束させました。
 ゆっくりと流れ落ちる精液に顔を埋められていくその美しい姿を、
 ずっと見ていたかったからです。
 菜緒子はこの約束を最後まで守ってくれました。

 Recollectionsでは、カラーの画像を公開します。         敏彦

2 Comments

まだコメントはありません

T

素敵ですね。

かけるのは特別征服感が有りますよね。
のますのも格別ですけど。

モノクロもよかったですが、カラーだとまた一段と美しい写真です。

奥田敏彦

Re: 素敵ですね。

T様

今回はカラーで公開いたします。
汚された顔が美しいですね。

  • 2020/01/20 (Mon) 12:18
  • REPLY
奥田敏彦