それから私は、夫に愛されながら問い詰められました (14)

それから私は、夫に愛されながら問い詰められました。
僕の前でセックスされるのは恥ずかしい?とか・・・
知らない男性のものを喉の奥まで迎えて上げるの?とか・・・
精液は飲んで上げられる?とか・・・

私は夫に責められながらも、その一つ一つに答えなければなりません。
恥ずかしいわ、とか・・・
奥までは辛いわ、とか・・・
貴方がそれを望むのならば、とか・・・

そして、夫が、もしもここを求められたら素直に受け入れて上げて欲しい、と言ってそっと指先でなぞりました。
そこは、アナルでした。
私は、うつ伏せになったままただ首を振るだけで、返事をすることが出来ませんでした。

菜緒子

0 Comments

まだコメントはありません