『・・・・・いいわ・・・』夫は私を愛しながら耳元で囁きました (8)

kyotomtsuma00082_p2003055.jpg
 ある夜、夫は私を愛しながら耳元で囁きました。
 『他の男性に抱かれる姿、見せてくれるよね』
 その夜は、とても激しく愛されたのです。
 恥ずかしい格好をさせられて、何度も何度も逝かされました。

 私は、床に膝を突きうつ伏せになるようにベッドに上半身を
 預けた格好で後から夫を迎えながら、
 シーツに顔を埋めたまま小さくうなずきました。

 『・・・・・いいわ…』
 菜緒子

7 Comments

まだコメントはありません

椎名

後ろから受け入れながら
寝取られを了承されたのですね

  • 2020/01/03 (Fri) 02:19
  • REPLY

T

至福の一言ですね

今回の記事は是非、御主人のその時の気持ちをコメントしていただきたいですね。
さぞかし興奮した事でしょう?
それとも計算された罠に奥様を嵌められたのでしょうか?

荒木

若妻の悲哀

ご結婚当初の未公開画像、素敵ですね。
奥様は顔を朱に染めて。
多分逝かされたのでしょうね、まだ下着も着けたままなのに。
一度逝かされた後が、M女性にとってはほんとに辛いときの始まり。
奥様は、この後ご自分が味わう悦びの地獄をわかっていて、身を捧げているようにも見えます。

  • 2020/01/03 (Fri) 21:00
  • REPLY

奥田敏彦

Re: タイトルなし

椎名様

それが情けないかな、はっきりと思い出せないのです。

  • 2020/01/04 (Sat) 12:17
  • REPLY
奥田敏彦

奥田敏彦

Re: 至福の一言ですね

T様

興奮しましたね。
けれども、返事を聞いてもまだその時は半信半疑でしたね。
本当にそれが現実になるとは思っていませんでした。

  • 2020/01/04 (Sat) 12:21
  • REPLY
奥田敏彦

奥田敏彦

Re: 若妻の悲哀

荒木様

初め菜緒子は羞恥と興奮に自分でも戸惑っているようでしたね。
或いは、本当は感じている事を私に隠そうとしていたのかもしれません。
やがて、お相手の愛撫が激しさを増すほどに、身をくねらせながら
むせび泣くように声を上げるようになりました。
M女性は悲しいですね。
その悲しみが美しさなのでしょうね。

  • 2020/01/04 (Sat) 12:30
  • REPLY
奥田敏彦

T

羨ましい

なるほど半信半疑でしたか。でも、その後実現されたのだから羨ましい。私の妻は抱いている時はなんでも受け入れると言いますが、終わるとケロットしてますからね。
まだまだ、奥様に妻を重ねるしか無さそうです。